顎関節症について

顎関節症の診断・治療

あごの痛みや口を開けると音がするなどの症状がある場合、顎関節症の可能性が考えられます。顎関節症では、顎関節や周囲の筋肉が痛みを引き起こし、口を開けにくい、開閉時に音がするなどの症状が見られます。精神的なストレスや噛み合わせの不調も原因となる場合があります。

これらの症状を放置すると、慢性的な痛みや頭痛、噛み合わせの問題が生じる可能性があります。早めの治療が重要なため、気になる症状がある場合は、お気軽にご相談ください。

このような方はご相談ください

  • あごを開けると痛みが出る
  • 口を大きく開けられない
  • 硬いものを食べるとあごが痛い
  • あごから音がする
  • 食べものが噛みにくい
  • 噛み合わせに違和感がある

治療の流れ

01カウンセリング・検査
気になっていることや治療のご希望などを伺います。
口腔内の視診や器具を使用しての確認、必要に応じてレントゲン撮影などの検査を行います。
02診断・治療計画の説明
検査結果をもとに、現在の状況を説明します。
それぞれの状況に応じた治療計画を立て、詳しくお伝えします。
03治療
顎関節症の治療は主にマウスピースを使用します。
治療に同意していただけた時点でマウスピース用の歯型取りを行い、マウスピースをお渡しします。
マウスピースの使い方など詳しい説明を行います。
04メンテナンス
顎関節症は再発する可能性があるため、定期検診の受診をおすすめします。
定期検診を続けることで、口腔内トラブルを未然に防ぐことに繋がります。